エビデンスママの勉強子育て

つわりと赤ちゃんのI Qの関係 | 子育ての研究をわかりやすく

スポンサーリンク

つわりが辛い人は、「頭の良い赤ちゃんが生まれてくるサイン」かもしれないよ。つわりを乗り越える心の支えにしてっていう話。

逆につわりが全くなくて、「赤ちゃんのIQが低い!?」と心配しているママは、こちらをお読みください^^

スポンサーリンク

つわり辛い

つわりが全くない人もいれば、生きた心地がしない数ヶ月を過ごす人もいて個人差がありますよね。

リケジョママ
リケジョママ

私は後者。食べないと気持ち悪いけど、食べたらもっと気持ち悪く、ポカリも吐き、体重は5キロくらい落ちたし、リビングの匂いが無理で寝室に閉じこもって地獄の数ヶ月でした…

同じ妊娠という”お腹の中の子を育てる”という作業をやっているはずなのに、つわりが全くなくそれが出来る人が心底羨ましく。

「何かメリットがないと嫌だ!」ということで、調べに調べたメリットが「最新科学で明かされた「つわり」と「I Q」の関係」というダイアモンドオンラインさんの記事。

本記事によると、つわりが酷い人から生まれた赤ちゃんを追跡調査したところ、

学齢期に達したときには、その21%が標準的な知能検査でIQ130以上という結果をだした。いっぽう、母親につわりがなかった場合、そこまで高い知能指数をもつ子どもは7%にとどまった。
最新科学で明かされた「つわり」と「I Q」の関係 : ダイアモンド・オンライン

のだそう。

つまり、わりがあったお母さんから生まれた子どもの方が、高いIQを持っている確率が高いということ。

リケジョママ
リケジョママ

つわりで辛い時に「IQ、IQ、IQ….」と念じれば、少しはマシになるかも…?

と思ってやってみましたが、辛いものは辛かったです笑

でも、「悪いことばかりではない」と思えるネタが1つでもあるのは、心の支えになりました。

スポンサーリンク

なぜ、「つわり」があるとIQが高くなるのか?諸説あり。

「つわり」があると、IQが高くなる理由ですが、結論から言うとわかっていません。

論文の著者らの推察では、つわり中に放出されているゴナドトロピンやサイロキシンというホルモンが、胎児の脳を保護しているのではないか、としていますが、推察に過ぎません。

また、「妊娠初期にお腹の中の環境が静かな方が、赤ちゃんの脳にとって良い。つわりがある人は、あまり動かずじっとしているからだ。」とする説もありますが、結論は出ていません。

スポンサーリンク

逆に、「つわり」がなかったから、頭の良くない子が生まれる!?

さて、「最新科学で明かされた「つわり」と「I Q」の関係」の記事だけ読むと、つわりがなかったから、頭の悪い赤ちゃんが生まれる!?と逆の心配をする方、いますよね?

これ、原著論文でもう少し詳しくみると、そんな心配しなくて良いよってことがわかります。

そもそも、この研究の主な目的は、「つわりに対する投薬(ドキシラミン)の効果と安全性」を検討するためのもので、つわりとIQの関係を検討したかったわけではないのです。

研究というのは、何か検討したい項目について知れるように研究デザインを組んでいきます。

色んな解析をする中で、検討したい項目以外でも面白い結果が出ることがあるんですよね。今回がそのパターンです。

しかし、あくまで副次的な結果に過ぎないので、その結果を過信するのは良くありません。「たまたまだけど、つわりがあるとIQが高くなるっていう結果も出たから、関係があるかもね〜」くらいに読んで欲しいんです。

ちなみに、この研究で効果を検討したかった「ドキシラミン」という薬は、日本では未発売。研究が行われたカナダでは、この薬がつわりに対して広く用いられているそうです。

しかもです!

この研究は、以下の3つのグループ

 ①つわりがあって、「ドキシラミン」を服用した人
 ②つわりがあって、薬を服用していない人
 ③つわりがない人

に分けて、子どもたちが3〜7歳になった時のIQの他、様々なテストが行われていますが、ほとんどの項目では有意差(統計学的に意味のある差)が出ておりません;;

子どもの発達検査は詳しくないので、詳述を避けさせて頂きます(表が見たい方は、こちらのブログに載っていました)が、論文の表に記載されている25項目のうち、有意差が出たのはわずかに5項目。

しかも、ドキシラミンを服用していない、日本人と同じ条件下のつわりがある人(グループ②)と、つわりがない人で比較した場合、差がついたのはわずかに2項目。IQに関する項目では1つも差がついておりません!!

ということで、「つわりがなかったけど、IQに影響があるんじゃ〜〜(汗)」と心配しているママがいたら、心配しないで伸び伸びと子育てして下さいね^^

リケジョママ
リケジョママ

つわり経験者から言わせて頂くと、つわりがないのは本当にラッキーです!

この研究は、あまりの辛さの時に心の支えになる”おまじない”みたいなものかもしれません笑

まとめ

今回は、「つわりがあるお母さんから生まれた赤ちゃんは、IQが高い可能性が高い」というカナダで行われた研究をご紹介しました!

今、つわりで苦しんでいるプレママの皆さん、ただでさえ、身体がしんどい時に、「辛い」が100%になると、心まで病んできちゃいます。

なので、「IQ、IQ、IQ…」と私のように念じて、どうにか心の支えとなったら嬉しいです。

ちなみに、私はメイバランスという商品で、物理的に救われました。何も食べられない時に、これなら食べれたし、吐くことになっても吐きやすかったです!

ポチッとして頂けたら励みになります!
リケジョママ

1歳児(男)の母。
難関国立大学出身のリケジョ。
現在気になっていることは赤ちゃん〜幼児期の鉄分不足。
ハマっているのは、息子への絵本の読み聞かせ(年間100冊以上)。
子どもも親も生き生きと。ウェルビーイングを追求したい。
広く浅く色んなことに挑戦するのが好き。
☑︎ヨガインストラクター
☑︎Webライター
☑︎ほんやく検定4級

リケジョママをフォローする
スポンサーリンク
リケジョママをフォローする
リケジョママの科学で育児のしんどいを解決

コメント

タイトルとURLをコピーしました